MENU

子育てがしやすい新築一戸建てが理想

私が理想の家を考えた時に判断基準となるのは、いかに子育てがしやすい環境なのかというところが重要です。幼い子供が2人いるので、子供たちのドタバタの足音が気にならず生活できるように、マンションよりも一軒家に住みたいです。間取りは2LDKの新築一戸建てが理想です。広さについてはそこまで求めていませんが、開放感を感じることができるくらいの広さは必要で、40坪くらいあれば十分だと考えています。

 

リビングは16畳〜18畳くらいの広さで良く、リビングの隣には和の雰囲気が漂う和室がほしいです。キッチンはカウンターキッチンが好ましく、浴室は足が伸ばせるくらい広々としていて、リラックスして入浴できるようにしたいです。収納スペースは多く作られており、ゴルフバックや冬物のジャケットなどのかさばるものの置き場所に困ることのないような、大きめのウォークインクローゼットは必須です。

 

庭は家庭菜園ができ、また子供のブランコや滑り台が設置できるくらいのスペースは確保したいのですが、大きすぎると管理が大変なので、大きければ良いというわけではありません。駐車場は車3台分を駐車できるくらいのスペースは確保したいです。親戚や友人が自動車で遊びに来た時に、駐車場に困ることのないようにしたいです。

 

そして家の中だけでなく、周辺の外部環境も良いものでなくては、理想の家だと言うことはできません。重要に考えることは、まず静かな環境で治安も良い場所です。接面道路の交通量は少ないところが好ましく、夜間に若者が集まって騒ぐような公園などの施設もない方が良いです。そして、近隣に学力が高くて評判が良い小学校があるということも重要です。

 

静かな環境、治安、学校環境などは子育てをしていく上で、重要な部分になりますので、すべて良い条件が揃っている場所に家を構えることが理想です。子育て以外の部分でも、最寄り駅やスーパーが徒歩圏内にあるなど、生活しやすい環境も重要ですが、何より子育ての環境を優先したいです。